秘湯の祖母谷(ばばだに)温泉

10月の連休に富山県黒部の祖母谷温泉に行ってきました。

祖母谷温泉は、宇奈月から黒部峡谷鉄道トロッコ列車に乗って終点の欅平から歩いて40〜50分の所にある山小屋です。

欅平までは多くの人でしたが、祖母谷温泉方面に向かうのは私たちだけでした。

熊避けにザックに鈴をつけて出発です。

 

欅平の橋です。

 

 

緩やかな登り道が続きます。暗いトンネルを3つ通ります。

 

 

 

3つ目の長いトンネルを抜けると黒部川の支流である祖母谷川が目の前に、対岸に山小屋祖母谷温泉が見えてきました。

 

 

祖母谷川の鉄橋を渡って左が山小屋、右に行くと源泉が湧く祖母谷地獄があります。

 

 

先に祖母谷地獄を見に行きました。

 

 

源泉です。湯が沸いています。イオウの匂いがします。

 

 

山小屋「祖母谷温泉」に着きました。

露天風呂と女性用の簡単な造りのお風呂があります。

室内風呂もあり多量の湯が途切れることなく注がれています。

 

 

翌朝、祖母谷温泉を後にして帰り道。すぐそこが欅平駅です。

 

 

台風の影響で連日雨でしたが通行止めもなく無事たどり着くことができました。

宿泊客は私たちだけ。

 

祖母谷温泉は自家発で何もなく、聞こえるのは前を流れる川の音だけ。すっかり癒されて深い峡谷の一夜を楽しみました。

大人3人、子ども2人の旅でした。

 

 

 

 

 

0

    北海道の旅

    今年のゴールデンウィークは北海道へ行こう!

    宗谷岬、奥尻島、礼文島に行こう!

    車で行くべきか、舞鶴からフェリーで行くべきか、飛行機でレンタカーもある。

    迷った挙句、某旅行会社のツアーで行くことに。

    4泊5日で菱型の下半分を回る逆のコースにした。

    一般的なコースなので行かれた方は多いと思います

    修学旅行以来2度目になります。

     

    1日目 新千歳空港→函館(湯の川温泉)  

     

    有珠山

    洞爺湖の南に位置する活火山。

    何度も噴火を繰り返し洞爺湖、昭和新山を作りました。

    最新の噴火は2001年で、このときは対策も出来ており安全管理意識が高く、一人も犠牲者を出していません。

     

     

    函館の夜景 函館山からの眺望 

    地形が他にないので一度見ると一生忘れない印象的な夜景です。

    山頂は人でごった返し、長蛇の列が出来ています。

     

     

    2日目 函館→松前→小樽→札幌→洞爺湖

     

    函館元町の情緒あふれる洋館や教会の街並みを散策後、

    桜満開の五稜郭へ。

     

     

    五稜郭タワーからの眺望。

     

     

    昨夜夜景を眺めた函館山です。

     

     

    松前城(正式名は福山城)

     

     

     

    北海道の人は春を待ちわびています。

    私たちにとっては2度目の桜です。

    八重が美しいー!

     

     

     

    地元の人たちも多く、お花見に来ているようです。

    私たちも桜の下で昼食あわび弁当をいただきました。

     

     

    洞爺湖

    ホテルの裏が洞爺湖。

    花火が船で移動しながら20分間打ち上げられました。

     

     

    3日目 洞爺湖→層雲峡 令和元年5月1日

     

    昨夜泊まったホテルのロビーから洞爺湖の中島が見えます。

     

     

    雄大な洞爺湖の景色を一望。

    洞爺湖の中に浮かぶ4つの島。これも噴火でできたものです。

     

     

    山の上の建物は、11年前開催された洞爺湖サミットの会場となったザ・ウインザーホテル洞爺です。

    北海道で最上級のリゾートホテルです。

     

     

    小樽

    小樽も人がいっぱい。ノスタルジックな建物が並ぶ運河を散策。

    ガラスの醤油差し専門店「さしすせそ」で小ぶりの醤油差しを一つ購入2600円。。

    これです。早速使っています。

     

     

    札幌 北海道神宮

    改元の参拝者の列が出来ています。

    桜と梅が同時に咲いています。大阪では見られない景色です。

     

    層雲峡

    道の駅で休憩、滝の見学などしながら層雲峡に到着。小雨。

    温泉街と言っても散策向きではないので、ゆっくり温泉に浸かり、明日の為に早く就寝。

     

    4日目 層雲峡→網走→知床→阿寒湖

     

    鎖塚

    網走に向かう車中から撮影。この写真では分かりづらいですが左の土を盛ったところが鎖塚。  

     

     

    オシンコシンの滝

    オシンコシンとはアイヌ語の「蝦夷松が群生するところ」という意味だそうです。

     

     

    札幌で生まれ育ったバスガイドさんが、どこの何が美味しいと毎回教えてくれるので、SAや道の駅で必ず食べてみました。どれも本当においしい。さすがです。

    知床でしか食べられないというこけもものソフトクリームです。

     

     

    世界自然遺産の知床です。

    雲がおおいかぶさってきました。

     

    知床観光船『おーろら号』にて知床を海上から見学します。

    ウトロ港からカムイワッカの滝までの往復1時間30分のコース。

    オロンコ岩のトンネルをくぐって乗船場に。

     

     

     

     

     

    楽しみにしていた木道散策ですが、この後、濃霧で何も見えず引き返す。

     

     

     

    天に続く道 と話題になっています。

    晴れていれば最高なのに…。

     

     

    阿寒湖に着きました。雨です。

    木彫り熊や小物のお店が並んでいます。

     

     

     

     

    ホテルでチケットを購入しアイヌコタンの舞踊を観に行きました。徒歩数分のところにあります。

     

     

    5日目 阿寒湖→釧路湿原→帯広空港  晴れ 強風。

     

    神秘的な湖オンネトー

     

     

    世界自然遺産釧路湿原

     

     

     

    やちぼうず(谷地坊主)

     

     

    道の駅「十勝清水」

     

     

    帯広空港 黒川紀章の設計

     

     

     

    さようなら〜 北の大地 また来るね〜

     

    中学校の授業中、先生の脱線話で知って以来、北海道を思うときいつも真っ先に北海道の歴史・開拓使が頭に浮かんできます。

     

    明治政府が原野が広がる未開の北の大地の開拓を急峻に推し進めた。

    屯田兵や入植者が労働に携わり、想像を絶する苦難の連続。寒さ、食糧難、ヒグマなど厳しい自然を乗り越えて原野を切り拓き北海道の基礎を作った。

    特に原始林に覆われた北部や東部の奥地に進むために切り拓かれた網走から旭川に向かう道。そこは凄惨を極めた。そこには網走・空知刑務所の囚人たちが使役され足に鎖を付けらたまま厳しい労働の末、多くの命が落とされた(300人ほど)。網走から旭川に向かう北見峠までの約180kmの道路を切り拓いた。 

    機械を使わず一本一本人の手で木を伐り切り拓いていった。 

    のちにこの道路は囚人道路と呼ばれた。

    囚人の中には明治政府に反対する思想犯や政治犯もいた。また当時の事なので冤罪もあったのではないかと思います。

    鎖塚についてネットで検索してみてください。

     

    長い記事を読んでいただき有難うございました。

     

     

     

    0

      晩秋の葛城山

      昨年の11月23日の葛城山です。

      すすきが風になびいています。

      2歳から7歳までの5人のちびっこたちは、すすきの中に入りかくれんぼう。

      すぐに見つかってキャッキャキャッキャ!

       

      風のない場所を見つけて、お昼ご飯に。

      みんなおにぎりを頬張って、おかわりも次々。

       

       

       

       

       

      何度も来ていますが、葛城山は気持ちの良い所です。

       

       

       

      0

        紅葉の涸沢

        こんにちは、ぶらり旅日記のです。

        10月の三連休に涸沢カールに行ってきました。

        同行者が、春・夏は何度も行っているが秋は行ったことがなく是非とも紅葉の涸沢を見てみたいということで計画。私は初めての涸沢にワクワクしながら行ってきました。

         

        今回は、沢渡から上高地に入りました。

        沢渡→上高地→横尾→涸沢コースの往復です。

        上高地(河童橋)から横尾までは平たんな道で3時間。

        横尾から涸沢まで3時間。片道計6時間歩きます。

         

        台風25号情報を気にしながらの決行でした。

        土曜日から日曜日の早朝までは雨が降ったりやんだり時折強風だったりでしたが、その後は打って変わり晴空が見え最高の天気になりました。

         

        6日(土曜日) 

        終点の上高地バスセンターでバスを降りて河童橋に向かいます。

         

         

        河童橋

         

         

        梓川の左岸コースで行きます。

        河童橋から1時間ほどで明神に着きました。明神館です。

         

         

        明神から1時間ほどで徳澤に。

        右手にキャンプ場 奥に見えるのは徳澤園です。

         

         

        徳澤園に近づくとカレーの匂いがします。

        また、アイスクリームを食べている人が目立ちます。

        徳澤園のカレーとアイスクリームは有名で、「ここまで来たからには食べなきゃね」と女性たちの声が耳に入ってくる。

         

         

        徳澤から1時間ほどで横尾に到着。

        ここで涸沢と槍ヶ岳に分かれます。

        見えているのが横尾山荘です。

         

          

         

        横尾大橋 横尾山荘の前にあります。

        この橋を渡って涸沢に行きます。

         

         

        今夜は涸沢山荘に宿泊することにしました。

        テントを持って行ったのですが、天候が悪く急遽変更。

        台風の影響でキャンセルがあり泊まることが出来きました。

        しかも二段ベッドで。この時期にはあり得ないことだそうです。

         

        7日(日曜日)

        朝6時前薄暗い中を出発。

        途中から青空が…ヤッター!

        青い空に黄色が鮮やかで見入ってしまいます。

         

         

         

         

         

         

         

         

        涸沢ヒュッテより見上げる穂高の山々

         

         

        景色を堪能して下山。

        同行者は「涸沢は秋が最高だ!今まで見た紅葉の中で一番良い」と何度も何度も…。

         

        横尾に戻ってきました。                          

        三叉路になっているので全ての人がここを通ります。

        上高地側から登山者が、涸沢側と槍ヶ岳側から下山者が、次々と途切れることがありません。

        台風の影響と言いながらも多くの人です。
         


         

        明神池

         

         

        明神池からは、来た道ではなく右岸コースの遊歩道で河童橋に。

         

         

         

        歩くこと9時間。

        休憩したり写真を撮ったり,出会った人と話をしたりしながら河童橋に到着

        バスを待つ長蛇の列

         

        帰りはお決まりのひらゆの森で入浴

         

        今回も良い旅が出来ました。

        いろんなことに感謝です。

         

         

         

         

         

        0

          洞川散策

          9月23日 私も洞川に行ってきました。

          面不動鍾乳洞に行くモノレールのドロッコ電車が混んでいたので歩いて登りました。

          3歳のしんちゃんは走って登り元気いっぱい!

           

            

          鍾乳洞から見る洞川の里です。

          左下はドロッコ電車です。到着したところ。

          良い眺めです。

           

           

          徒歩でも7,8分で着きます。

          道も昔と違ってきれいに整備されています。

           

          ↓遊歩道。 誰もいない。

           

          「しんちゃん、もう歩けない、だっこして」

          と言いながらも頑張っていました。

           

           

          吊り橋(かりがね橋)を渡って大原山遊歩道へ

           

           

          一度戻ったのですが、やはりドロッコ電車に乗りたいというので待って乗ってきました。

           

           

          良い天気でした。

          洞川は何度も来ていますが、山を歩いたのは初めて。

          一日のんびりと洞川を楽しみました。

           

           

           

          0

            乗鞍〜西穂高

            7月の3連休、西穂高に行ってきました。

            早く着いたので、先に乗鞍にも行ってきました。

            乗鞍も西穂も2度目になります。

             

            乗鞍岳畳平に到着。

            左は「写真撮りましょうか」と声をかけてくれた3人。

            乗鞍へはマイカー乗り入れ禁止。自転車はOK。

                                

             

             

            黒百合です。

            多くの高山植物の花が咲いています。

             

            平湯大滝

             

             

            ↓滝の入口にある案内板

             

             

            いざ、西穂高へ

            しらかば平駅からロープウェイで行きます。

             

             

             

            ↓西穂山荘

             

             

             

             

            ↓左は西穂高岳、その手前が独標

            右に奥穂高岳、前穂高岳が見えます。

             

             

            ↓中央の谷は上高地、大正池が見えます。

            右の茶色い山が焼岳 

             

             

            ↓焼岳をバックに丸山に向かっているところ。

            独標を目指していましたが、体力続かず丸山まで登って下山。

             

             

            下山して平湯に行き、ひらゆの森で入浴。

            ひらゆの森は何度も行っていますが、良いところです。

             

            3連休、山も天気が良くて最高でした。

            秋には涸沢に行く予定ですが、長時間歩くことになるので、体力作りをしとかねば…。

             

             

             

            話は変わりますが、

            職場にお土産の「雷鳥の里」を出すと、部署内のIさんも「雷鳥の里」を出されていて(笑)

            前日に、八方に行くと聞いていたので、「もしや」が的中でした。

            Iさんとは、いつも大体同じようなところに山歩きに行っています。

             

             

             

             

             

             

            0

              四万十めぐり

              太陽 車ぴのこ:) onpu03

               

              ↓先ずは民俗資料館から

               

               

               

               

              ↓ 資料館の奥にあります。

              平成7年に秋篠宮殿下が来られています。

               

               

               

               

               

              ↓旧竹内家

              一番古い民家です。1720年頃、1770年頃説があります。

              昭和47年にここに移築されています。

              民俗資料館の人が教えてくれました。

               

               

               

               

               

              下津井めがね橋

               

               

               

               

               

               

              四万十川と言えば沈下橋でも有名です。

              48橋ありますが、残念ですが写真はありません。

              写真の川は梼原川です。

               

              国道439号線で梼原(ゆすはら)〜国道440号線で四国カルスト地帯に向かいます。

               

               

              国道440号線で地芳峠へ。

              地芳峠は地芳トンネルが出来てから通る人は僅かです。

              前後に車はなく、すれ違う車も数台のみで快適なドライブでした。

              久万高原を通って松山へ。

               

              三連休、天候に恵まれ、

              新緑を満喫した旅となりました。

               

               

               

               

              0

                モネの庭

                睡蓮が咲いています。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                ここは高知県安芸郡北川村(室戸岬の近く)にあるモネの庭です。

                 

                フランス、ジヴェルニーにあるモネの庭を再現しています。

                ここは世界で唯一、本家より「モネの庭」の名称を許可された施設です。

                モネが咲かせたいと願いつづけ咲かせることが出来なかった青い睡蓮

                ここでは、6月から見ることが出来ます。

                午後になると花弁を閉じるため、午前中に行かれることをお勧めします。

                 

                写真は水の庭です。

                花の庭桜、水の庭湖、光の庭キラキラがあり

                花の庭は、四季の花々が咲き、年間通して風景が楽しめるようです。

                 

                 

                 

                 

                0

                  室戸岬・空海・お遍路さん

                  ぶらり旅日記のUです。

                  GW前半に徳島→高知回りで四国を一周してきました車

                   

                  淡路島から徳島に入り国道55号線を走ると、歩いているお遍路さんを多く見かけます。

                  四国八十八か所巡礼の人たちです。

                  空海ゆかりの88の寺院を巡礼しているのです。

                  昔は信仰の為の巡礼。

                  今は、自分への挑戦・自分探し・体力維持なども加わり目的はいろいろあるようです。

                   

                  近年、外国人が多いと聞いてはいたが想像以上の多さに驚きです。

                  中には一人だけで歩いている若い女性もいて感心しました。

                  下のイラストの様な格好の人もいましたが、完璧な遍路衣装の人が印象的でした。

                   

                   

                  ↓室戸岬の海岸の国道沿いに、弘法大師空海が17歳の時修行したといわれる海食洞(御厨人窟)があります。

                  そこから見る景色は空と海しか見えないので、空海と自分で名前を付けたといわれています。

                  当時は今より5m低く海面に近かったらしい。今は海抜10m。

                   

                   

                   

                  空海は、平安時代初期の層で、真言宗の開祖です。

                  生地は香川県善通寺市

                  没地は和歌山県高野山(62歳)、廟は高野山奥の院にあります。

                   

                  ↓出ようとした時ツアーバスが到着。

                   ガイドさんの説明を横で聞かせてもらいました。

                   

                   

                  室戸岬は、V字に鋭く突き出た48kmもある海岸線で、国道55号線が海岸に沿っています。

                  岬の先端には2.6kmの遊歩道があり、岩礁と奇岩が雄大に太平洋に伸び、見どころが多くあります。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  中岡慎太郎像の真上に灯台が見えます。

                   

                    

                  灯台

                  恋人の聖地だけあって、カップルが…ぴのこ:)

                  やっと1枚写真が撮れました。

                   

                   

                  灯台から見る太平洋の大海原

                   

                   

                  明日は四万十に向かいます。

                   

                   

                   

                   

                  0

                    道の駅『黒滝』の美味しいもの

                    天川村行きの途中、お気に入りの道の駅『黒滝』に立ち寄りました。

                    このコンニャクは絶品です。一串が大きいので堪能できます。

                     

                     

                    子持ち鮎の塩串焼き

                     

                     

                    アスパラガス椎茸のフライ。その場で揚げてくれます。

                     

                     

                     

                    コンニャクと鮎をいただきました。

                    美味しかったー!

                     

                     

                    買ったヨモギ餅は車中で食べて

                    お腹いっぱーい!

                     

                     

                    0


                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM